非正規店のデメリット

メーカー保証が受けられなくなる場合も!

非正規店でiPhoneの修理をする時に最も気をつけなければならないことは、メーカーや通信キャリアの保証が受けられなくなる可能性があることです。「可能性」と書いたのは、修理の内容次第では非正規店での修理後にメーカー保証が適用された事例も実際にあり、非正規店の店頭でも「可能性」と説明されることが普通であるためです。この点を考えると、仮に非正規店で修理を受けたことがある場合でも、再度故障した際には保証をまったくあきらめるのではなく、メーカー保証を使う可能性も追求してみたほうが良いでしょう。しかし、メーカー保証の期限が過ぎている場合などを除き、非正規店を利用する場合にまず考えるべきデメリットはこの保証に関することだと言えます。

非正規店の技術力や使用部品について

非正規店では、メーカーの正規のマニュアルを入手することができないため、技術力についての信頼性は劣ると言わざるを得ません。また、非正規店にはこれまで長く営業して信頼を得ている店から、営業を開始したばかりの店までありますので、店ごとの信頼性にばらつきがあることも否めません。 使用部品についても非正規店が使用するものは非純正部品なので、非正規店を利用する際には考慮に入れる必要があります。iPhoneは世界中に同一機種が多量に普及しているので、非正規部品であっても性能が純正部品と遜色ないものを入手することが比較的容易ですが、修理代金が極端に安い場合などは要注意です。非正規店を利用するかどうかは、これらのデメリットを十分理解した上で検討する必要があります。

iphone修理を仙台にあるお店で修理してもらうと、手際が良いです。いくつかの専門店がありますが、どこのお店も対応が良いです。