iPhone修理の非正規店とは?

いわゆる民間業者で修理すること

iphoneの修理は正規店と非正規店があり、その違いはメーカーが認可したお店で修理するか、民間業者で修理するかの違いとなります。修理サービスの内容の違いに付いては品質と価格が違います。メーカーが認可した正規店での修理は、一定水準以上の修理品質が保証されている所にしか認可は出ませんので、安心して修理に出すことが出来ます。一方、非正規店での修理はピンきりでお店によっては品質はバラバラです。ただ、価格については直営店や正規店で修理するより、非正規店で修理してもらったほうが下がる傾向にあります。iphoneを修理に出す時には、その違いをよく理解することが大切です。価格重視にするのか、安心重視で修理に出すのかによってオススメの修理店は異なります。

非正規店は正規店にはないサービスもある

正規店はどこも修理内容は一緒で価格も直営店と大差ありませんが、非正規店はお店によってサービスが大きく変わることもあります。例えば、データ復元サービスや防水加工修理は直営店や非正規店では基本的にやってもらえないサービスです。iphoneが故障して、正規店で修理して貰う場合は内部のデータはバックアップを取っておかないと諦めなければいけないことも多いですが、非正規店の一部では全く動かない本体からデータだけを復元してくれます。修理してもらうだけではなく、データも取り出したいという時には、選択肢は非正規店しかなくなってくるでしょう。また、防水加工をしておけば水没しても本体が故障しにくくなりますので、水没でよくiphoneが故障してしまう方は、予め防水加工をしてもらうと本体の故障に備えられます。

iphoneの修理を川崎で依頼する場合、ショップのホームページで料金体系をチェックしたり、口コミサイトで評判を把握するなど、事前の情報収集を積極的に行うことが重要です。